結婚への道

【最大20万円引き】ブライダルフェアはゼクシィよりお得な「結婚スタイルマガジン」で探そう

ブライダルフェア予約はお得な結婚スタイルマガジンで

 

やっと、夢に待った彼からのプロポーズ!

こんな嬉しい瞬間はないですよね(*^^*)

 

しかし、婚活は結婚するまでが婚活です。

素敵な式を挙げるためにも、プロポーズされたら今すぐ準備を始めましょう。

 

「プロポーズされたらゼクシィ」

 

と言いたいところですが、実はゼクシィよりお得な「結婚スタイルマガジン」という結婚情報サイトがあるんです。

ブライダルフェアを予約して挙式をあげるだけで、最大20万円がご祝儀としてもらえます!

(ゼクシィは最大4万円です)

 

なぜ「結婚スタイルマガジン」はそんなにお得なの⁉怪しくないの?

 

そうお思いのあなたのために、「結婚スタイルマガジン」の詳細とゼクシィ等、他のサービスとの比較をご紹介します。

 

同じ式場なのに、損しないようにしっかり見てね!

 

公式サイトを見る

 

 

結婚スタイルマガジンと他社3社を比較

まず「結婚スタイルマガジン」がどれくらいお得なのか、ゼクシィをはじめとする、同じような情報サイト3社と比較しました。

 

結婚スタイルマガジン ゼクシィ ハナユメ マイナビウェディング 比較表

 

「ゼクシィ」「ハナユメ」が4万円

「マイナビウェディング」が8万円なのに対して

 

「結婚スタイルマガジン」はなんと、最大20万円もご祝儀がもらえちゃうんです!

な…なんでこんなに違うの⁉

 

「結婚スタイルマガジン」がお得な理由

なぜ、「結婚スタイルマガジン」が大手ゼクシィなどを差しおいてこんなにお得なのか?

それには、式場の広告費の仕組みが関わってきます。

 

一般的なブライダルサイトは、式場から広告費をもらい運営しています。

その費用は、実はあなた達、花嫁・花婿が払う挙式費用から支払われているのです!

 

ところが「結婚スタイルマガジン」はその式場からの広告費をもらっていません。

そして、その広告費が式場を予約した花嫁・花婿に「ご祝儀」としてプレゼントされるのです。

 

だから最大20万円ももらえるんだね

 

ブライダルフェア割引の仕組み

ブライダルフェアお得の仕組み

結婚スタイルマガジン公式サイトより引用

 

じゃあ、「結婚スタイルマガジン」はどうやって運営してるの?

 

実は、「結婚スタイルマガジン」はNIWAKA(ニワカ)という、京都の老舗ジュエリーブランドが運営しているんです。

 

NIWAKA(ニワカ)は日本のブライダルジュエリー界ではすでに有名で、最近では米国アカデミー賞やゴールデングローブ賞などの授賞式での着用もされ、評判のジュエリーブランドです。

 

NIWAKA(ニワカ)は多くの花嫁・花婿に自社ブランドを知ってもらうために、「結婚スタイルマガジン」を運営しています。

「結婚スタイルマガジン」の運営費用はジュエリーの売り上げでまかなわれています。

 

それが式場から広告費をもらわない理由です。

その分が花嫁・花婿に「ご祝儀」としてプレゼントされるんだよ

 

さらにお得な「婚スタ★割」

「結婚スタイルマガジン」には、さらにお得な「婚スタ★割」という割引があります。

対象となる挙式日を予約すると、なんと最大で100万円も割引になることがあります!

 

半年以内の挙式や、ナイトプラン、平日プラン、少人数プランなど、が対象になります。

 

さらに「婚スタ★割」は「ご祝儀」との併用もできます。

最大で120万円もの割引になります。

 

120万円もあったらハネムーンも良いとこいけちゃう♡

 

 

「結婚スタイルマガジン」でご祝儀をもらう方法

では、「結婚スタイルマガジン」でご祝儀をもらう方法を説明していきます。

 

結婚スタイルマガジン ご祝儀の額

 

ご祝儀をもらう方法

  • 「結婚スタイルマガジン」で式場の予約をする
  • 式場を見学する
  • 挙式をあげる
  • 挙式費用から「ご祝儀」が割引される

 

ゼクシィや他社はブライダルフェアに参加すると、商品券や電子マネーですぐもらえる仕組みなのですが、「結婚スタイルマガジン」は挙式費用からの割引になります。

その分、割引額は最大5倍もの差になります。

 

どうせ挙式をあげるんだから、ガッツリもらえる「結婚スタイルマガジン」で予約した方がお得だよね

 

さらに、挙式費用の割引だけじゃなく、披露宴の料理も割引してくれるんだよ!

 

ご祝儀対象外の式場もあるので、チェックしてから予約してね

 

さらに、「結婚スタイルマガジン」は割合が適応される条件がすごく簡単なんです。

 

結婚スタイルマガジン 割引の条件 比較

 

フェアの参加写真の提出や、アンケートとかめんどくさいよね

 

「結婚スタイルマガジン」の割引適応条件は「ブライダルフェアに参加して、挙式をあげる」だけです。

 

では、そんなおいしい話だらけの「結婚スタイルマガジン」、デメリットはないのか⁉

 

「結婚スタイルマガジン」のデメリット

「結婚スタイルマガジン」には1つだけデメリットがあります。

それは…

 

ゼクシィより対象の式場数が少ない

結婚スタイルマガジンとゼクシィ 式場数比較表

 

ゼクシィの掲載式場数が2500件なのに対し、「結婚スタイルマガジン」は1400件になります。

しかし、マイナビウェディングとは100件の差しかなく、ハナユメと比べると800件も多くなります。

 

そして対応エリアはゼクシィと同じ47県です。

 

 

私が当時(「結婚スタイルマガジン」はまだ存在してなかった)ゼクシィで式場探しをして候補にあげていた式場は、全部「結婚スタイルマガジン」にあったので、主要の式場は「結婚スタイルマガジン」にあります。

 

自分の挙げたい式場が「結婚スタイルマガジン」の対象になっていれば、問題ないね

 

そして、もし自分の挙式したい式場が「結婚スタイルマガジン」の対象でない場合、「式場にリクエストしてほしい」と公式サイトに書いてあります。

ユーザーの声が多いと、式場側が「結婚スタイルマガジン」の割引対象に追加してくれる可能性があるようです。

 

「結婚スタイルマガジン」でお得に挙式・披露宴をあげよう!

私の時代にこんな素晴らしいサービスがあったら、迷わず使っていたのに…。

これを使えるあなたが羨ましいです(笑)

 

費用が数万円浮くだけで、その分他のところにお金がかけられます。

 

ウエディングドレスって、基本料金のものは本当にシンプルで、どうしてもプラス料金になってしますんですよね。

せっかく来てくれるゲストに喜んでもらおうと思うと、演出や料理も金額をアップしたくなります。

 

私は自分が満足いく披露宴にしたので、数年たった今でも思い出すと胸が熱くなります。

料理や演出にこだわったので、ゲストにも「こんな楽しい披露宴は初めてだった!」と喜んでもらえました。

 

「結婚スタイルマガジン」のお得な割引を使って、ぜひ、あなたの挙式・披露宴を一生忘れられない素敵な思い出にしてください。

 

公式サイトを見る

結婚準備の豆知識も載ってるよ

-結婚への道

Copyright© こんぎつねの婚活チア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.